ホーム  >  西尾市・碧南市・安城市・岡崎市の不動産売却はセンチュリー21トライス  >  不動産売却 動画  >  境界越境

境界越境
カテゴリ:不動産売却 動画  / 投稿日付:2022/02/28 10:18



境界越境

境界越境ってどのようなもの?



敷地の上を電線が通っている不動産を売却する際は、特別な手続きが必要なんのですか?


そうですね、その電線がご近所の家に引き込むための線なのか、電力事業者が管理している線なのかで変わってきます。またその線がどれ位の高さにあるかによっては土地の利用に制限がある場合もあります。

ご近所の方の線だった場合はどうでしょうか?

はい、敷地の上空については具体的に何メートルまでが所有権の範囲になるのか法律では決められていませんが、敷地内に他人の線が通ってるということは将来的に例えば建て替えをする時に改善する約束を書面で行っていることが多いので、まずはその書面があるかを確認していただきたいです。もしない場合は不動産会社にご相談ください。


電力会社の線の場合も書面があるんでしょうか?

ご近所さんの書面は覚書という書面に、電力会社などの送電線が通っている場合は、電線の敷地通過に関する契約書を締結している場合があります。

契約まで作成しているんですね。

以前は契約を締結していない状態が多かったんですが、最近では電気事業者が契約締結を求めている動きを増やしているようです。

どのような内容の契約なのですか?

電線の設置を目的とした地役権を設定する契約です。電線を通すために上空を使うための確認内容や安全面から高い建物を建てられないなど土地の利用制限をされていることが多く、登記することで不動産を売却した場合も次の所有者に引き継がれます。

建物の高さにも制限がかかる場合があるんですね。契約書がない場合はどうすればいいんですか?

その場合もまず不動産会社にご相談下さい。送電線の所有者が誰なのか確認し、建築の制限やその他に問題がないかを確認します。また電線が通っていることは過去の判例では、瑕疵に該当するとなっており現行の民法では契約不適合の問題になりますので必ず売却の際には買主への説明が必要です。

分かりました。その他に気を付けることはありますか?

よく聞かれることとして高圧線の下にある建物で電磁波が健康上問題ないかということです。

確かに電磁波の事は気になりますね。

電力会社の方に現地で調査をして頂くことも可能ですが、一般的には地上1.5メートルの高さで10マイクロテスラといわれており、世界的な健康に関するガイドラインの基準と比べても低い数値になっています。またWHOからも電磁波と健康影響に関する証拠は因果関係とみなせるほど強くはないとしているようです。

そうなんですね。では送電線が通っている場合は、地役権設定登記の有無や契約書や覚書が無いかを確認すること。もしなかった場合でも不動産会社に相談すれば確認や必要手続きのサポートをして頂けるということですね。

はい、そうですね。

ありがとうございました




不動産を相続された方、これから売却をお考えの方、
将来のために不動産の価値を知りたい方、査定金額の結果で売却を考える方、
西尾市、碧南市、高浜市、刈谷市、安城市、岡崎市、蒲郡市での不動産の売却、不動産の査定はセンチュリー21トライスにお任せください!



不動産の売却でお悩みの事があれば、



査定フォームか、


お問い合わせフォーム
から、いつでもご連絡下さい。



お待ちしています!!







ページの上部へ